Create Event
Advertisement
2022Crack

私たちに身体はあるのか?2022横浜ー舞踏、辺境、Crack

Dec 04, 2022 - Dec 04, 2022

私たちに身体はあるのか?2022横浜ー舞踏、辺境、Crack

Time Sun Dec 04 2022 at 03:00 pm

(add to calendar)

横浜人形の家, ,Yokohama,Kanagawa,Japan, Yokohama, Japan

Advertisement

私たちに身体はあるのか?2022横浜ー舞踏、辺境、Crack, 4 December | Event in Yokohama | AllEvents.in 私たちに身体はあるのか?2022横浜ー舞踏、辺境、Crack
舞踏は世界の端っこで擬態をこらし、空気に裂け目を入れている。そこから怪物が・・・

気づかぬうちに私たちは何かに支配され、奪われている―。新型コロナやウクライナ戦争の中でますます明らさまになっていく危機的状況。社会規範の強化、ジェンダー差別、少数民族への人権侵害、富の格差の拡大と明確化、中絶禁止法の成立、AIとロボットによる身体の拡張等、自由な個人への制約が加速する社会。
世界の中心ではなく、辺境だからこそ生まれた「舞踏」は、常に世界の端っこで擬態を装いながら、空気に裂け目を入れる。
舞踏への出会いを通じ、様々なアプローチでそれぞれの踊りを探るアーティストたちによる舞台。暗黒から生まれた身体をもって制度化の流れに抵抗し、野性を取り戻し、カオスを自らつくりだす身体へ―。
Lit.link( https://lit.link/Nyxx)


●《2階の解剖学》カタジナ・パストゥシャク、ナタリア・ヒリンスカ公演@似て非works末吉町

12.4. Sun 15:00 - 16:00, 21:00 - 22:00 12.5. Mon 16:00 - 17:00

照明・音 曽我傑

映像 JONA

●あかいくつ劇場 3つのソロと1つのデュオ

12.7. wed 19:00 - 20:30 川口隆夫 『グッド・ラック』× 有代麻里絵
12.8. Thu 14:00 - 15:30 酒井直之 × 佐藤ペチカ & 津田犬太郎
12.8. Thu 19:00 - 20:30 佐藤ペチカ & 津田犬太郎 × 川口隆夫『グッド・ラック』
12.9. Fri 17:30 - 19:00 有代麻里絵 × 酒井直之

舞台監督 宇田川大介

舞台監督補佐 相良ゆみ

照明 藤岡美知子(ソライロヤ)

音響・映像 JONA

●似て非特別企画@似て非works末吉町

12.10. Sat 15:00 室伏鴻映像上映
『美貌の青空』 2003年@新宿パークタワー
『Edge』 2000年@神楽坂die pratze

17:00 レクチャートーク 國吉和子(舞踊研究・評論)×竹重伸一(ダンス批評)
※逐次通訳有り

協力 一般社団法人Ko & Edge

12.11. Sun 15:00 パフォーマンスラウンジ
by 川口隆夫、有代麻里絵 and more


運営スタッフ 小田巻郁哉、霜村和子、アレクサンドラ・スリヴィンスカ、真鍋淳子、山田有浩 

広報 柿崎桃子

写真撮影 小杉朋子

コンセプト 有代麻里絵

ディレクション 竹重伸一、有代麻里絵

主催 Nyx

ARTS for the future! 2 補助対象事業

YPAM2022フリンジ参加公演( https://ypam.jp/program-groups/frg1)


カタジナ・パストゥシャクは、‘Theatre – Literature – Management’, project no.: 533-I015-H014-22, Between.Pomiędzy Research Group, 2022のリサーチプロジェクトの一環としてYPAM2022に参加します。
[The presence of dr Katarzyna Pastuszak at the YPAM 2022 is realised within the research project ‘Theatre – Literature – Management’, project no.: 533-I015-H014-22, Between.Pomiędzy Research Group, 2022]


チケット
※「あかいくつ舞踏会」および《2階の解剖学》より2公演以上鑑賞されるかたには、お得なセット券をメールお申込みでのみ販売しています。
お申込み: bnl4cGVyZm9ybWFuY2UyMDIyIHwgZ21haWwgISBjb20=

◎1公演
前売り3,500円
当日4,000円
YPAMプロフェッショナル3,000円
学生・障害のある方2,500円
◎2回券6,300円
◎3回券9,000円
◎4回券12,000円
◎5回券はフリーパス(12/4,5,7,8,9の公演すべて)です。15,000円
◎生活困窮によりチケット購入困難なかた 1公演5名限定(≪2階の解剖学≫は2名限定)無料(自己申告制です。直接メールにてお問い合わせください)

似て非特別企画
◎12.10 前売り1,500円 当日2,000円
◎12.11 前売り2,000円 当日2,500円
2日セット券3,000円

※公演日時等に変更が生じた場合は、SNSにてご案内いたします。


佐藤ペチカ
2000年頃よりソロを中心に活動する。『花よ蝶よ』(2021「TOKYO REAL UNDERGROUND」制作)では、「切り取られた身体」をモチーフに、水槽を抱え、地下階段を逆さまに降りるパフォーマンスを行う。身体をその場所に置く、運ぶ、また置く、を繰り返し、終わってみれば、踊りからずいぶん遠く離れたもんだ、と気づく。春から夏、私は小さな旅を繰り返した。日本を右往左往するだけで、時空を移動するだけで、世界は明るかった。自由だった。景色は拓かれた。

Pechika Satoh
Since around 2000, she has been active as a solo performer. In "Flowers and Butterfly" (produced by "TOKYO REAL UNDERGROUND" in 2021), a performance is performed in which she holds a water tank and descends the underground stairs upside down with the motif of “a piece of the body". Put a body in its place, carry it, put it. I realized how far from the dance was. From spring to summer, I repeated small journeys. Just come and go in Japan, just moving through time and space, the world was bright. I was free, and the landscape was unfolding.

津田犬太郎
宇宙空間が暗黒で満たされているとしてそこには何もない無だとするならば透明さは真っ黒なブラック。1985年岐阜県の鉱山街に生まれる。17才で上京し小劇場の音響から舞台の世界へ。ボイスパフォーマーとして河崎純主催の音楽詩劇研究所に参加。アルメニア・ロシア公演に帯同。都内のライブハウスを中心にパフォーマンス。2015年ボイスパフォーマンス廃業。踊りはじめる。住所不定。その日暮らしをしながら詩を描く毎日。

Kentaro Tsuda
If outer space is filled with darkness, if there is emptiness there, then transparency is pitch black.
Born in 1985 in a mining town in Gifu Prefecture, he moved to Tokyo at the age of 17 and entered the stage world from the sound department of a small theater. As a voice performer, he participated in the Music and Poetry Institute organized by Jun Kawasaki. He has performed in Armenia and Russia. In 2015, he stopped voice performance and started to dance. Started dancing. No fixed address. Living in the day to day life and drawing poems.

川口隆夫
コンテンポラリーダンスのシーンにありながら「パフォーマンスとしか言いようのない」(朝日新聞・石井達朗)作品を数多く発表。代表作として、舞踏の始祖、大野一雄の土踊りをビデオ録画を元に完コピを試みる『大野一雄について』(2013年~)は、世界各地で上演を重ねている。21 年にはTOKYO REAL UNDERGROUND フェスティバルにて芸術監督を務め、またアートイベント「INOUTSIDE」を共同企画。これらの活動が評価を受け、令和三年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。

Takao Kawaguchi (dancer / performer)
Joined Dumb Type in1996. Later went solo from 2000, and has since been exploring live performance crossing borders of theater, dance, visual image and fine arts, collaborating with artists of different disciplines. In recent years he approached Butoh by copying the dances of the Butoh founder in About Kazuo Ohno (2013), and was nominated for NYC Bessie Award in 2016, and is currently touring around the world. Latest works include: Kawaguchi was the artistic director of Tokyo Real Underground (performances-on-streaming festival), also premiered his new piece Minotaur Disco. He was awarded to the Art Encouragement Award by the Agency of Culture and Arts in 2022.

酒井直之
ダンサー、映像作家。1991年、春日部市生まれ。東京藝術大学大学院修了。パーキンソン病と共に生きる人々との芸術活動「ダンス・ウェル」講師。2012-2019年コンテンポラリーダンスカンパニー<co.>に所属。2018年より、舞踏に関するリサーチと作品制作を展開。舞台出演の他、RADWINPS等の音楽ライブへの出演、森七菜、Salyu等のMV、ミュージカル等への振付・出演を多数行う。

Naoyuki Sakai
Dancer and videographer, born in 1991 in Kasukabe City. M.F.A Tokyo University of the Arts. Lecturer at Dance Well, an artistic activity with people living with Parkinson's disease. From 2012-2019, he is a member of the contemporary dance company <co. un="" yamada="">, and since 2018, he has been researching and creating works related to Butoh. In addition to stage appearances, he performs in live music concerts by RADWINPS and others, and choreographs and performs in music videos and musicals by Salyu, Nana Mori, and others.

有代麻里絵
フランス文学・美術史専攻後、美術館やアートマネージメント機関で働く中、2008年大野慶人の舞踏WSでダンスに出会う。上杉満代、室伏鴻に学ぶ。15年より振付けソロ作品《際―きわ―》などを発表。美術家マリー・ドゥルーエとのデュオ、ポーランド・アマレヤシアターとの協働や『私たちに身体はあるのか?』(2021)など、国内外の複数のジャンルのアーティストとも活動。出演。身体、思考、感覚の関係性を探り、根源的な言語としてのダンスを追求する。

Marie Arishiro
Major in French literature and art history. During her working tenure at an art museum and art management organizations, she encountered dance through Yoshito Ohno’s Butoh workshop in 2008. Learned from Mitsuyo Uesugi and Ko Murobushi. Since 2015, choreographed solo works including “Kiwa-On the Brink” etc.. She has collaborated with artists of multiple genres in Japan and abroad, including a duo with Marie Drouet, with Amareya Theatre and organized / performed “Do we have a body?”(2021). She explores the relationships between body, thought and sensation, pursues dance as an intrinsic language.

アマレヤシアター&ゲスツ(ポーランド)
Amareya Theatre & Guests(Poland)
ナタリア・ヒリンスカ
アマレヤ・シアター&ゲストのアーティストでありローザセンターのSEEDアーティスト、グダニスク市芸術奨学金(2020年、2021年)の保有者。芸術活動では、身体/運動、テキスト、サウンド、ビジュアル素材を使った作品を発表している。また、メノコモシモシ(アイヌ女性協会、札幌)や丸山浩教授(CEMiPoS)と協力しパフォーマンスを共同制作している。 最近のパフォーマンスとプロジェクト 、ダンス映画≪家≫(監督Sue Schroede)、NTTL レジデンシー(roza centre)、≪Open Score≫(Open House Gdansk)、choreographic walks (IKM, polka dot)、≪解剖学≫(ナタリア・ヒリンスカ、カタジナ・パストゥシャク )、映像作品≪Requiem for the Ainu and Kamui≫、パーキンソン病患者のためのムーブメントワークショップ (Park On)など。

Natalia Chylińska (Poland) - artist associated with Amareya Theatre & Guests and SEED artists (roza centre), holder of the Artistic Scholarship City of Gdańsk (2020, 2021). In her artistic activities she moves between working with body/movement, text, sound and visual material. She cooperates with Menoko Mosimosi (Ainu Women Association, Sapporo) and Prof. Hiroshi Maruyama (CEMiPoS). Recent projects/activities: dance/art film ≪Home≫(Sue Schroede); NTTL residency (roza centre); ≪Open Score≫(Open House Gdansk), choreographic walks (IKM, polka dot); performance ≪Anatomies≫ (Natalia Chylinska, Katarzyna Pastuszak); video work ≪Requiem for the Ainu and Kamui≫; workshops for people with Parkinson's disease (Park On).

カタジナ・パストゥシャク
ダンサー/パフォーマー、振付家、アマレヤ・シアター&ゲストのディレクター、パフォーミング・アーツ学科(IAiA-グダニスク大学)非常勤講師、Between.Pomiędzy Research Group (UG) のメンバー、CEMiPoS(環境・マイノリティ政策研究センター、札幌)非常勤講師。著書に「土方巽の暗黒舞踏-危機の身体の演劇」(2014)。ムーブメントの探究と人文主義的思考の現代的潮流を結びつけた「新しい振付とフィジカルシアター」の分野で仕事をしている。最近のパフォーマンス、 ダンス映画≪家≫(監督Sue Schroede 2022)、≪解剖学≫(ナタリア・ヒリンスカ、カタジナ・パストゥシャク、初演YPAMフリンジ、東京、2021 )、≪家-逃亡-家≫(2020)、パーキンソン病患者のためのムーブメントワークショップ(Park ON Association、ポーランド)など。

Katarzyna Pastuszak (Poland) -
dancer/performer, choreographer and artistic director of Amareya Theatre & Guests, adjunct, and lecturer at the Department of Performing Arts (IAiA - University of Gdańsk), member of Between.Pomiędzy Research Group (UG), adjunct professor of the CEMiPoS. Author of the book “Hijikata Tatsumi’s Ankoku butō – the theatre of body-in-crisis (2014)". She works in the area of new choreography and physical theatre, combining movement explorations with the contemporary currents of humanist thought. Her recent activities: dance/art film ≪Home≫(dir. Sue Schroeder, 2022); performance ≪Anatomies≫(Natalia Chylińska, Katarzyna Pastuszak/premiere at YPAM Tokyo, Japan 2021); performance ≪Home-Run-Home≫(2020). She also collaborates with Park ON Association (Poland) - conducting dance workshops for PD patients.</co.></co.>



Also check out other Arts Events in Yokohama, Entertainment Events in Yokohama, Theatre Events in Yokohama.

Search by related topics in Yokohama
Event Photos
Hosted by
Are you the host?
Nearby Hotels 横浜人形の家, ,Yokohama,Kanagawa,Japan, Yokohama, Japan
Report a problem ?

Event Information

Date & Time

Sun Dec 04 2022 at 03:00 pm
Add to Calendar

Location

横浜人形の家, ,Yokohama,Kanagawa,Japan, Yokohama, Japan

Advertisement
Advertisement