Search results for:
No result found! Try with different keywords!
Users
Organizers
Events
Advertisement
Oh Snap, this is a past event! 😵

Do you want to get notified when this event happens again?

13th Global Pharmacovigilance & Clinical Trials

Advertisement

13th Global Pharmacovigilance & Clinical Trials


With the excellent accomplishment of Pharmacovigilance Series of Conferences in the UK, the USA in back to back a long time in the course of the most recent quite a while which met with extraordinary accomplishment in Business Conferencing. It's happy to report thirteenth Global Pharmacovigilance and Drug Safety Summit amid March 28-29, 2019 Osaka, Japan with the topic ‘’Promulgating the prevention of adverse drug reaction". This is a 2-day Mega Event offering Exhibition, at the scene to grandstand the new and rising advancements with Keynote introduction, Oral, YRF (Student Presentation), blurb, e-publication Presentations.


We are happy to educate you that the Speaker/Delegate/Exhibitor openings are accessible at the meeting. kindly visit the website of the conference to find out about the scientific sessions and abstract submission, If needs to go to as Delegate, sympathetically enroll to the gathering. For any questions, mail us.

Our Confirmed Speakers:

 

Keynote:(Day 1)

 

Dr.Jacob Joseph, Harward Medical School, USA

Dr.Ujwala Salvi, Nucleon Therapeutics, India

Dr.Omer, Sanofi, Canada

Dr.Ashok, Clinfomatrix, USA

 

Other Speakers

Mr.Chi Chen, E&Y, China 

Dr.Meenal Patwardhan, Abbvie, USA

Mr.Rajiv Joshi, E&Y, India

 

 

Keynote (Day 2)

Dr.Essam, Celyad, Belgium

Dr.Carole, Sun Pharma, Japan

Mr.Robert, Accenture, Spain

Session Speakers:

 

Mr.Ravish Kumar, Salzman Group, Australia

Dr.Abdeen, Ministry of health, UK.

Dr.Ripal Gharia, Cliantha research, India

Mr.Mohammed Gayoor khan,NFPS,Malaysia

 

Participating Companies:

         Abbvie,USA

         E&Y, China

         Salmanz Group, Australia

         Nucleon Therapetics, India

         Saudi Patient safety Center, Saudi

         AlphaBeta Pharma, UK

         King Abdullah Medical City (KAMC)

         Takeda, USA

Please let me know your confirmation at the earliest convenience.

Best Regards

Zoey A Williams| Program Coordinator 

 Global Pharmacovigilance 2019

 Ph: 4896666555 Ext:6028

 Email: Z2xvYmFscGhhcm1vY292aWdpbGFuY2UyMDE5IHwgZ21haWwgISBjb20=


英国でのPharmacovigilanceシリーズの会議の優れた業績により、米国はビジネス会議での並外れた業績と出会ったごく最近の長い期間の間に長い間遡っています。 2019年3月28日 - 29日、大阪で開催された第13回世界薬局方安全性サミットで、「有害薬物反応の防止を宣伝する」と題して、2日間にわたるメガイベントの展示会です。 Keynoteの紹介、Oral、YRF(Student Presentation)、ぼんやりとしたe-出版物Presentationで、新しくて進歩している進歩を壮観にしてください。


私たちはスピーカー/代理人/出展者の開口部が会議でアクセス可能であることをあなたを教育させていただきます。学会のウェブサイトに親切に来て、科学的なセッションや抄録の提出について調べてください。参加者として参加する必要がある場合は、同情して集まりに参加してください。何か質問があれば、私たちにメールしてください。

確認された講演者:

 

基調講演:(1日目)

 

アメリカ、ハーワードメディカルスクール、ジェイコブジョセフ博士

Dr.Ujwala Salvi、Nucleon Therapeutics、インド

Dr.Omer、サノフィ、カナダ

Dr.Ashok、Clinfomatrix、アメリカ

 

その他のスピーカー

Mr. Chi Chen、E&Y、中国

ミナルパトワードハーン博士、アッビー、アメリカ

Mr. Rajiv Joshi、E&Y、インド

 

 

基調講演(2日目)

Dr. Essam、Celyad、ベルギー

キャロル博士、サンファーマ、日本

Mr.Robert、アクセンチュア、スペイン

セッションスピーカー:

 

Mr. Salvman Group、ラヴィッシュ・クマー氏、オーストラリア

英国の保健省、Abdeen博士。

Dr. Ripal Gharia、Clianthaリサーチ、インド

Mr.Mohammed Gayoor khan、NFPS、マレーシア

 

参加企業:

•アメリカ合衆国、Abbvie

•E&Y、中国

•サルマンツグループ、オーストラリア

•核子治療学、インド

•サウジ患者安全センター、サウジアラビア

•AlphaBeta Pharma、イギリス

•キングアブドラメディカルシティ(KAMC)

•武田、アメリカ

ご確認を早めにお知らせください。

  宜しくお願いします

  ゾーイAウィリアムズ|プログラムコーディネーター

  グローバルファーマコビジランス2019

  Ph:4896666555内線:6028

  電子メール:Z2xvYmFscGhhcm1vY292aWdpbGFuY2UyMDE5IHwgZ21haWwgISBjb20=






You may also like the following events from Zoey A Williams:

Map Moxy Osaka Honmachi, 2 Chome-2-9 Kawaramachi, Chūō-ku, Ōsaka-shi, Ōsaka-fu 541-0048, Japan, Ōsaka-shi, Japan
Loading venue map..
Report a problem

Are you going to this event?

Organizer

Zoey A Williams
Advertisement